フランチャズ化のメリットデメリット何か?

フランチャイズ化,フランチャイズ本部構築,コンサルタント

フランチャズ化のメリットデメリット何か?

〇フランチャイズ化とは何か?

フランチャイズ化とは?フランチャイズ本部構築やフランチャイズ本部立ち上げ等様々な呼び方がされているようですが、直営展開からフランチャイズ展開を実施することです。事業戦略の中で新市場開拓戦略を言います。

 

例えば、焼肉業態において、今まで、地域のお客様に焼肉という商品を直営展開で展開していたものを、焼肉業態の運営方法という商品で、この焼肉業態をしたい方に販売をしていく手法となり、前者の顧客は地域のお客様であったものを焼肉業態をしたい加盟店がお客様ということでターゲットが変わり、新しい市場となります。

 

この結果、自社の収益はこれまでは、焼肉を食べにきてくれたお客様に焼肉を提供し、対価として売上を得ていたものを、フランチャイズ加盟店に方にビジネスモデルを貸し与え、焼肉の運営方法を教えることで、加盟金等を頂き、継続的に経営指導等を実施することで、ロイヤリティ等を頂きます。これが売上となり、全く違う事業の柱を築くことができるようになるのです。つまり、自社のブランドやビジネスモデル、プラットフォーム、ノウハウ等が商品になります。よく事業の3本柱と言われますが、3本柱の1つになりえるものであると思います。

 

〇フランチャイズ化のメリットは?

 

私はフランチャイズ化のメリットは、大きく次の3つ上げられると思います。

 

・フランチャイズ加盟店からの加盟金やロイヤリティ等の粗利100%売上が入る

・スケールメリットを活かしてブランディング化、原価低減・新商品開発ができる

・生産性の改善に繋がる

 

一番目は、前述しましたが、2番目としては、フランチャイズは他の資本で自社ブランドを展開できるため、なんと言ってもスピード感が変わります。多拠点になればなるほど、例えば、焼肉業態であれば精肉業者から仕入れる精肉の量は増えますので、仕入金額の交渉ができ、原価が低減できます。その結果、加盟店の利益も上がりますが、直営店の原価改善にも繋がるのです。また、新商品開発をするにしても自社ブランドで開発をしようとすると自社だけで製造できるものもありますが、製造メーカーに委託する場合も多いものです。この場合は、必ずロットという考え方が出来てきて、ロットが大きすぎるため、直営店の店舗数だけでは、消化することができないため、新しい商品開発に着手できない等の悩みを抱えるものです。この点もフランチャイズ化を行い、店舗数が増えれば実現することが可能です。

 

3番目は、生産性の改善に繋がることです。現在、人件費は高騰し、売上が伸び悩む中では、経費削減という形でしか生産性の改善が出来ない環境が多いものですが、フランチャイズ化を図ると、まず粗利100%のノウハウ商材として売上を上げることができます。

 

かつ、経営指導が中心のビジネスモデルのため、1人が複数店舗の指導をして、対価としてロイヤリティ収益を上げてきますので、生産性が大幅に改善されます。また、直営店に比較的人を多く配置しておかないと、退職のリスク等を考えるといけないという企業様も、人材の有効活用にもつなげることができます。

私は、どのような企業でも比較的すぐに成果が表れるには、この生産性の改善ではないかと思っております。

 

〇フランチャイズ化のデメリットは?

 

メリットを見ると、フランチャイズ化した方が良いように思いますが、もちろんデメリットもあります。

フランチャイズ化の大きな点は次の3つであると思っております。

 

・フランチャイズ化を行い、フランチャイズ加盟店を獲得するコスト

・フランチャイズ化を行い、加盟店が希望する利益を上げられずに脱退するリスク(訴訟含めて)

・フランチャイズ化を行い、加盟店が運営することで、徹底度が下がりクオリティが下がるリスク

 

1番目は、フランチャイズ化を図るためには、フランチャイズ本部をつくらなければなりません。それを外部のコンサルタントに依頼する場合は、コンサルタント費用がかかりますし、自社で構築する場合も、構築するまでの人件費等がかかります。また、実際に加盟店を開発するには、広告媒体を作ったり、広告宣伝等で告知しないとフランチャイズ加盟候補者は見つかりませんので、そのコストがかかります。このコストが膨大であれば、その分のフランチャイズ加盟店を獲得しないと、ペイしませんので、そのリスクがあります。

 

2番目は、加盟店が最初にフランチャイズ本部から説明を受けていた収益を得ることができずに脱退するケースです。これはフランチャイズ本部の問題もあれば、フランチャイズ加盟店の問題もありますが、脱退されば、大前提として、人や企業の人生に影響を与えることになるだけでなく、大きな苦情であったり、訴訟リスクを抱えることになります。重要な点は、成功モデルの汎用性と加盟者のポテンシャルであると思います。

 

3番目は、フランチャイズ加盟されることで、今まで全く経験したことがない人が前述の焼肉業態であれば、肉を裁き提供するわけですから、商品のブレや接客のブレ等が発生し、ブランドイメージの棄損に繋がる可能性があることです。これは、継続的な経営指導でクオリティを改善することになります。

 

今後、フランチャイズ化を図る方は、このメリット・デメリットを十分に検討した上で、とても大きな事業ですので、後悔のないフランチャイズ化を図って頂きたいと思っております。フランチャイズ化の参考になれば幸いです。

 

【フランチャイズ本部構築・立ち上げ支援】

【販路企画の著書】

【販路企画のセミナー】

%e5%95%86%e5%9c%8f%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%bb%e5%87%ba%e5%ba%97%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%ef%bd%86

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA