店舗開業時の資金調達のこと ~制度融資~

商圏調査分析・立地調査・エリアマーケティング・事業計画書・多店舗展開支援・FC本部展開支援・各種研修講座ブログ

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab

店舗開業時の資金調達のこと ~制度融資~

前回は、日本政策金融公庫の新規創業融資についてお話しを致しました。

今回は、店舗開業における資金調達の第2弾についてお話しをしていきたいと思います。

 

これは、開業をする方の認知が低い融資と感じます。

ぜひ、開業をされる方はこちらも検討をして頂ければと思います。

 

1.制度融資とは何か?

まず初めに制度融資についてお話しをしていきたいと思います。

制度融資とは各都道府県や市町村が設けている融資制度となります。

詳細は下記をご確認下さい。事例として福岡県の事例をあげます。

福岡県:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/232799_52117518_misc.pdf

福岡市:http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/43588/1/pannfu.pdf

 

福岡県は商工会や商工会議所へ委託し、福岡市は直接問い合わせという形になっております。銀行や信用金庫、信用組合へ直接問い合わせを行い、商工会や会議所を紹介受けることも可能です。

 

日本政策金融公庫との大きな違いは次の通りとなっております。

《保証人》

  • ①日本政策金融公庫は原則、無担保・無保証人であること
  • ②制度融資は、保証会社として保証協会が保証するということ

つまり、制度融資は、保証人の代わりを保証協会が実施してくれるということです。

 

《貸出は通常の金融機関が実施するということ》

  • ①日本政策金融公庫は公庫かり借入れを行うということ
  • ②制度融資は、通常の金融機関が貸し出しを行い、保証人として保証協会がつくということです。

 

つまり、制度融資は、通常の金融機関からの借り入れを行うということになります。

私は開業者の方には、実は日本政策金融公庫からの借り入れと制度融資の借り入れの両方の併せて実施して頂くように、勧めていることが多いです。

 

なぜなら、金融機関は事業資金として取引実績がない人に対して貸し出しをすることはなく、最初は必ず保証協会をつけての貸し出しとなるためです。(不動産担保、個人資金を除く)

 

つまり、制度融資を活用し、金融機関での実績作りを行うということです。

将来的に多店舗展開を行う際などはおおよそ通常の金融機関から借り入れを行うことになり、その際の取引実績をつくるという意味でお勧めしております。

 

2.制度融資を受けるための条件とは?

次の制度融資を受けるための条件についてお話しをします。今回は福岡県の事例をもとにお話しをします。

①新規創業を行うもの

 ・個人企業・・・1ヶ月以内に県内開業するもの。開業から1年以内のもの。

 ・法人企業・・・開業していないもので2ヶ月以内に県内で法人設立を行うもの。開業から1年経過していないもの。

②県内で事業を営むものでその事業の一部を継続しつつ、新たに会社を設立して創業するもの。または創業から1年経過していないもの

 

  • ③勤務した企業と同一の業種の事業を新たに開始しようとする者(創業する目的で退職し1年を経過していない者を含む)及び創業後1年以内の者で、次のいずれかに該当するもの。

・同一企業に継続して3年以上勤務したもの。

・同一業種の勤務歴が通算して5年以上のもの

主だった要件は、上記のいずれかになります。詳しくは県のホームページをご確認下さい。そして、必須条件は『具体的な計画をもつもの』となっております。つまり、『事業計画書』があるものという意味です。

 

日本政策金融公庫の融資でも制度融資でも、開業や事業を行う『事業計画書』によって、開業する事業の成長性や新規性、優秀性、採算性等を判断しています。

 

前回のメールマガジンでも記入致しましたが、『なぜその事業が軌道に乗り、融資の回収ができるのか?』という根拠が非常に重要ということになります。

 

3.融資を獲得するためのポイント

融資を獲得するためのポイントは、次の3つであると思っています。

  • ①自己資金
  • ②本人の信用・・・過去の事故実績や税金の滞納状況等
  • ③事業計画書

つまり、この3点をしっかり検討すれば融資は実行ということです。

昔は保証人や担保が必要でしたが、現在では、その傾向が薄くなり、本人の信用と事業計画という位置づけに変化をしてきております。

 

開業するには、充分な資金調達が重要となってきます。

まずは、『金融機関を納得させることができる事業計画書』の構築から進めていくことが重要であると思います。

 

次回は、日本政策金融公庫、制度融資以外の資金調達の手段についてお話しをしていきたいと思います。

【おすすめフランチャイズ情報】

新規事業・独立開業フランチャイズ加盟募集バナー

【販路企画の著書】

【販路企画のセミナー】